幼稚園の選び方と受験

近年では幼稚園も受験してより良いところに子供を入れたいと考えている人がかなり多くなりました。より良いところに入れるというのは親として当たり前のことですが、どのような園を選ぶのかはかなり重要なポイントとなってきます。園の方針などはもちろんですが、自宅からの距離や通園するときに通る地域の治安、給食の有無など考えなくてはならない点はたくさんあります。せっかく受験に成功して良い幼稚園に入園させることができたとしても、子供の性格に合わなかったり伸ばせる才能が伸びないようでは意味がありません。親が送り迎えをする場合には、自宅からあまり遠いところの場合は親の負担にもなってしまいます。もちろん距離があることにより子供への負担がかかることはもちろんのこと、同じ園に通う子どもや保護者との交流もしにくいので注意しましょう。

幼稚園受験の注意点とは

幼稚園受験というのは子供にとって初めての経験というのはもちろんのこと、親にとってもかなり緊張しプレッシャーを感じることなのではないでしょうか。合格に向けて多くの家庭で幼児教室に通わせたり、教材を使い家でも学ばせていることは確かです。しかし、その際には注意しなくてはならない点もあります。それは、受験は子供だけの問題ではないということです。むしろ合格の有無は親にかかっているといっても言い過ぎではありません。それは、日頃の教育方針などはもちろんですが、親が子供に対してどのような対応をしているのかや、親の雰囲気が大切になります。子供は合格基準に達しているにもかかわらず、親が合格基準に達していないとみなされて落とされたとなっては、子供に申し訳がつかないのではないことになってしまうことは確かなのではしょうか。

幼稚園受験の時の志望園と願書まで

幼稚園の受験をする時には、今まで行ってきた様々な情報収集、行事への参加をして、園の特徴や園の様子や先生や園長先生の雰囲気、在籍している子供達の様子を実際に知る事によって、希望する園を決定していきますが、入園試験日程に合わせて受験する園を決めますが、入園の試験は児童本人と保護者に対して行われます。複数の幼稚園を受験する場合にはそれぞれの園の募集要項を確認して、試験の日程を確認しておきます。また、受験をする時に必要な願書の受付は、通常は一週間から10日程度ですが、場所によっては2日間と短期間の園もあるので受付期間や必要な書類は事前に確認しておく事が重要になります。また、提出方法は、園に直接提出する方法以外にも、郵送のみという受付方法がありますので、要項に記入してある内容を見てしっかりと確認しておきます。

詰め込み式では得られない、独自の教育方法で15万人以上の卒業生を送り出してきました。 伸芽会で行っている小学校受験の公開模試には、毎年2万人が参加しています。 小学校は知識のある子どもではなく、知識を活かせる子どもを求めています。 想像力、体験力、自助力を養う教育で子どもたちを合格へ導きます。 伸芽会は、受験した子どもからの情報をもとに過去問題集を制作しています。 受験なら幼稚園から、伸芽会へ