お役立ち!トランクルームまとめ6サイト

TOP > トランクルームについて > トランクルームのメリットについて

トランクルームのメリットについて

現代はありとあらゆるものを買うことができて便利になりましたが、そのことから断捨離をする人も多くなりました。
しかしその反面ものが多すぎて溢れかえってしまっている人が少なくありません。
不要なものならば捨てるべきですが、今は使わなくてもシーズンが来たら使うものなど、捨てるに捨てられないものもあるのではないでしょうか。
自宅など保管場所があれば良いですが、置く場所がないという場合に役立つのがトランクルームです。
普段使用しない荷物を一時的に預けることができる貸スペースのことであり、ものを預けることができるので必要なものを捨てずに住むのはもちろんのこと、ものを預ければ普段住んでいる部屋を広々と使うことができ、リラックスできるということから利用する人が年々増えています。


一言でトランクルームと言ってもありとあらゆる種類があります。
近年需要が高まったことにより、トランクルームを扱っている会社も増え、会社によって異なる呼び方をすることも珍しくはありません。
トランクルームだけではなくコンテナやレンタル収納スペースと呼んでいるケースもあり、現在これらについて統一した名称は業界で定められていないのが実情となっています。
しかし基本的には、トランクルームと呼ばれているものの方がセキュリティー面で安全という傾向にあります。
倉庫業法に基づいた認可が必要だったり、保管している荷物の出し入れに事業者の立会いが必要になることが多く、多少面倒に感じるという人もいますが、大切な荷物を保管しておきたいという場合には、セキュリティーで安心できるのではないでしょうか。


トランクルームは国土交通相に倉庫業の認可を受けていて、荷物を預かるというサービスということに対して、レンタル収納スペースやコンテナは、荷物を預ける場所を貸すというサービスであり、サービス内容の目的が異なるというのが大きな違いではないでしょうか。
目的の違いによって、預けた荷物への保管責任の有無や、利用時間の自由度などが異なってくることになります。
もちろん預ける会社の方針や決まりは、それぞれ違いがあるので一概に当てはまるばかりとは言えません。
預ける荷物の内容や時間の都合、セキュリティー面などをはじめとし、用途に合ったサービスを提供している会社を選ぶようにすることが大切です。
トランクルームな荷物を預けて保管しておく場所として役立つことは間違いないのではないでしょうか。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ