お役立ち!トランクルームまとめ6サイト

TOP > トランクルームについて > トランクルームは入れたい荷物と場所を判断して

トランクルームは入れたい荷物と場所を判断して

トランクルームは当面は必要ないけど捨てられない荷物を預ける施設です。
このトランクルームはほとんどは貨物のコンテナを改造して作られています。
貨物コンテナの改造では側面に鍵付きのドアを設置し、荷物を収納しやすいように内部も少々改造されています。
この改造されたコンテナは場所を効率よく使用するために2段重ねで設置されてる場合が多くなっています。
もし2段重ねのうちで上段のコンテナが契約されていた場合、利用者は移動式の階段をそこまで移動させておき、その階段を使って上り下りしながら荷物を収納したり引き出したりなどします。
そのために足腰の弱い人などは上段コンテナを契約すると下段コンテナに比べて上り下りの際に身体的負担と困難を伴いやすくなりますので、極力下段コンテナを契約できるように慎重な対応が要求されます。


そのトランクルームは厳密には大きく4種類に分類することができます。
1つはコンテナに空調がついているかついていないか、もう1つがコンテナ自体が屋外にあるか屋根のある屋内にあるかとなります。
それの組み合わせで屋外で空調のないタイプ、屋外で空調のついているタイプ、屋内で空調のないタイプ、屋内で空調のあるタイプとなります。
そしてその違いは利用料金にも反映されることになります。
一番料金が基本的に安いのが屋外の空調のないタイプで、高いのが屋内で空調のあるタイプになりやすくなります。
屋内式の特徴は屋根があるためにコンテナからの荷物の出し入れの際に雨風ホコリに直接さらされにくいことです。
また防犯カメラや監視スタッフ、そして照明設備などが付属しやすい点で安心感を得られやすくなります。


一方でトランクルームの内部に空調があるタイプはエアコンが稼働してるために温度や湿度管理が常時一定に保たれています。
それのために空調設備代や電気代がかさんで利用料金が高くなりますが、温度や湿度に過敏な精密機械など家電製品やその部品類などを預けるには適正であるといえます。
もしこれらの荷物を空調のないタイプで保管しておくと劣化が急速に進んで使えなくなってダメになる可能性が高くなります。
なので預ける荷物次第でどのタイプが適正であるかを考えなければなりません。
なおいずれのトランクルームでも契約が必要ですが、その契約では賃貸住宅のように保証人を必要としません。
そのために契約のハードルは低くなります。
しかし契約書では燃料など危険物はもちろん、動植物や食物類の保管は禁止対象となっていますので、これらを預けないようにしなければなりません。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ